Author: kazuo

blogkazuo's Blogレースロード

今年も周南市で開催された「周南クリテリウム」に出場してきました。
去年は、チームエンデューロだったのですが、今年はチーム戦が開催されなかったため、個人の90分エンデューロでエントリー

久々のレースなので、平坦レースで自分が出来ることってあまりないけども、家族も応援に来てるし出来るだけ前の方でレースを作ることを目標にスタートしました。

ローリングスタート後、油断して後ろの方にいると思いの外スタートダッシュがかかって後ろの方に追いやられてしまったので、
まずいと思って少し上げると何故か先頭まで出てしまい仕方なくそのまま周回・・・

しばらくして安倍君がアタックをかけて、その後に1人ほどついて行ったので、
先頭2人、少し空いて集団という感じになるが、逃げという程は開いていない感じ。
途中で、追いついてそのまま先頭に出てしばらくして後ろを見ると、後ろが居ない(笑)

ってことで、そのまま数周程、単独逃げで周回。たぶん3周くらいは単独で走った気がする。

そのうちに後ろの気配を感じたので集団に合流して少し休憩。

その後も、アタック散発はあるが決定打は無しで、自分も何度も先頭で周回をこなしながら
唯一の角度のあるコーナーだけコーナークリア後に毎回600wくらいでペースアップをして少しでも後ろにダメージを与えれないかを模索しながら走行。

そうこうしてるウチに90分まであと数分。

そこで、組長が先頭まで上がってきて良いペースで集団を牽引。
若干、集団も活気づく・・・

最終周に入り、位置取りも慎重にしつつ周りの状況をみていると
チームメイトの坂田君が、先頭で良い感じでペースアップしたので、
後ろについて、直角コーナーをこなす・・・

どっちにしろスプリントでは坂田君には、全く歯が立たないので(笑)
車間をあえて1台分開けて後続がつけなくしつつ、後ろの様子を気にしながらもなんとか、そのまま2位でゴール。

平坦レースで、入賞は素直に嬉しい。
応援してた嫁さんには、あんなに前引いて、バテるやろうな〜って思ってたって言われました(笑)

去年のチームエンデューロ2位につづいて、今年は、ソロ開催でも2位。

連続で、シマヤ様の出汁セットと、モントロー洋菓子店の詰め合わせをGETしました。

実は、このセットを頂くのは3年連続(笑)
来年も欲しい。

kazuo's Blogヒルクライムレース

阿蘇パノラマラインヒルクライムにレイモンドと僕の二人で出場してきました。

前日の早朝4時くらいに、山口県を出発。

会場に到着が朝の8時頃。

天気が曇っていたせいか、肌寒いのでアームウォーマー+ワンピースの下にタイツという装備に、背中にウインドブレイカーという装備で
試走兼サイクリングに出発してみました。

登り始めると、低強度で登ってる事もあって、あまり体が温まる感じもなく標高もある影響で肌寒い。

ゆっくり40分以上かけて11.5㎞のコースを景色を楽しみながら火口入口の駐車場まで・・・

駐車場に到着すると、風も強くとりあえずめちゃ寒い・・・(汗)

ウィンドブレイカーを着るも、ガタガタ震えるレベル。

とりあえず、来た道と違うルートで下山して回ってみようという事になり、下山を開始するも
あまりの寒さにすぐに見えてきたパーキングとかお土産店のある場所に立ち寄り、カイロを入手!

しかし、気温の低いせいで、カイロも中々温まらず・・・(汗)

休憩後に、何度か寒さで立ち止まりながらも、麓に到着し、昼食を食べるためにお店を探す。

レイモンドが良さげなお店を見つけてくれたので、そこで温かいうどんを食べて少し回復。

その後も、二人とも方向音痴な事もあって、結局車に戻った時には80㎞走ってました(汗)

翌日のレースの受付を済ませてから、宿泊予定のホテルに向かう。
思ってたより大きなホテルで少し驚きながら、とりあえず天然温泉があるとの事だったので
まずは、風呂。

その後、夕食に出かけるも、観光地でお店はそこそこ点在しているのに、すべての飲食店が夕方には閉店(汗)

夕食難民になる寸前でジョイフルを発見。(でも、ジョイフルなのに夜10時閉店らしい)
なんとか、夕食にありつく。

当日の朝食が6:30~OKとの事で、それをお願いしてから、施設内のコインランドリーで洗濯をして
部屋に戻ってタイマーで終了時間を計測してるうちに、
二人とも爆睡(笑)

僕はスマホを持ったまま寝てました。

 

レース日当日、

5時過ぎに起床して、準備を開始。
寒さに備えて、ワンピの下に上下長袖のインナーを着こむ。

下山用のリュックにも防寒着等を入れて準備完了。

会場入りし、気温が2℃とかで寒さにびっくりしながらも、ローラーでアップ。

開会式が終了後にスタート位置まで、パレード走行という名目の移動。

当日の朝の連絡で、レースがカテゴリごとに1分間隔でのスタートという方式に変更されてて
チャンピオンクラスもわずかな人数でのスタートになった。

というか、僕とレイモンド以外が若!(笑)

スタート後、最初はほぼ平坦から始まる事もあっていきなりド~ンと出ると思って
スタートした瞬間650Wくらいでド~ンと出たら・・・

誰も来んし(汗)

仕方なく、少し良いペースで走ってたら後ろからハイスピードトレインが追いついてきた。

・・・が、そこまで足を少し使ってしまってた影響で後ろにつくも既に結構キツイ(汗)…

blogkazuo's Blogレース

チームで周南クリテリウムに参加してきました。

2時間エンデユーロに9名と、クリテリウムに3名出場。

2時間クリテリウムは、
レイモンドがソロで出場して連覇狙い。
他は、2名チームを4チーム結成で挑みました。
ナカタさん、僕 H2R-0
アシオワールさん、坂田君 H2R-1
組長、タケさんH2R-2
吉松さん、秋重君 H2R-3
という組み合わせ。

作戦はとりあえず、1時間交代というシンプルな作戦。

僕とタケさん、秋重君、坂田君らの後半組はピットで、1時間応援。

みんな順調に周回をこなすも、次第にアシオワールさん、次いで組長が苦しそうな展開・・・
そして、40分を過ぎたあたりで、僕のペアのナカタさんも苦しそう・・・

・・・って思ったら、いきなりナカタさんがそのままピットイン(汗)

全く準備をしていなかったため、慌てて自転車を取りに行って、ガーミンの電源を入れ・・・足首のセンサーを付け替えて・・・
超バタバタで、出発(笑)

手間取ってしまったせいで、集団とだいぶ差が開いてしまったので

単独猛追を開始。

ひたすら踏みまくって、気づくとずっと後ろに1名誰かいる・・・(笑)
ので、合図を出して少しだけ替わってもらう。

再度、先頭交代をした後くらいに、集団が見えて来たので8周目になんとか合流。

ここで、ヘロヘロになったのでしばらく集団後方で休憩をする事に・・・

しばらくして、ブリジストンのバイクに乗った選手がアタックをかけたのを見て
それに反応して逃げてみた。(応援中に話してたキティーさんから、ブリジストンのバイクの人が強いという情報をもらってたので)

・・・が、1ローテで自分が先頭になったくらいで後方に集団の気配を感じて集団に戻る。

このコースはやはり逃げとかが決まりにくい。

そんなこんなで、交代後、70分が過ぎてそろそろ終わりかな?って思ってたら最終周のジャンが鳴る。

せっかくここまで頑張ったので、
一つでもリザルトの順位を上げたいと思って、ラスト1周スパート!

最終コーナーの少し前でニシカーさんらが、上げているのを見つつ、少しポジションを上げる・・・

 

そのまま、危険回避しつつ、そこそこ前の方でゴール。

最後、総合で一桁には入れたかな~?って感じでした。

レース後、着替えたあとにチップを返却するために戻ると・・・

「H2R-0の方いらっしゃったら表彰台までお越しください~」というアナウンスが流れてる(汗)
びっくりして、そのまま駆け足で会場まで行くと…

グルメ情報
blogkazuo's Blog

今年から、「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」は、乗鞍ヒルクライムに名称が変更になりました。
なので、今年は「乗鞍ヒルクライム2020」という名称で開催されます。

今年は、身分相応に、「年代別」でエントリー。

車も新しくなったので、出来れば数人で遠征したいなと思って、声をかけてみると、
某脳外科のドクターイエローことH田先生がエントリーをして下さいました。

個人的にはあと1名だれかいると運転が格段に楽になるので、どなたかいかがです?^^

自転車に乗ってて、たぶん死ぬまでずっと思い出す事のできる「記憶」に残る日になる事は保証します。
自分もそうだったので・・・

初めてのエントリーは、勢いでまだ大平山すらろくに登った事ない状態でエントリー。
でも、8月まで頑張って練習して、遅くても自分なりのタイムで登りきった時の達成感。

忘れられないです。

それ以来、自分にとって「戻ってくる場所」的なイメージのある場所になりました。

2019年大会のゴール前。

 


坂バカチャレンジのスタート地点。

 


スタート地点の集合場所。数千台の軽量化を施した高級車が並ぶ・・・

 


山頂付近から見下ろす絶景。遠くに見える道・・・そこを登って来る。

 

よかったら、乗鞍に一緒に行きませんか?

エントリーは3月30日まで、開催は8月30日。

出発は、29日(土)の早朝もしくは、28日(金)の深夜を考えてます。帰ってくるのは30日(日)の夜の予定です。