中国サイクルグランプリ2021

中国サイクルグランプリ2021

2021年10月10日

初めてのロードレース、初めての広島中央森林公園。

アップダウンの続く・・・というかアップダウンのコーナーしかないコース。

ロードレースの経験の為、JBCFレースではないが参加してみることにした。

 

試走を1周ほど行い、サイコンの試走データとレースを切り離すために、

一旦試走のデータを保存する。

 

準備をして、出走サインを行いスタート。

9:00のスタートを待つ。

 

スタート直後にサイコンが動いていないことに気づく。

慌てていろいろとサイコンを弄るが、

ローリングスタートなのにかなりのペース。

 

落車などを引き起こしてもいけないので最後尾へ下がる。

集団から離れる訳にはいかないので、

サイコンを再起動などいろいろ試しながらついていく。

 

スピードセンサーの電池切れか、接続が悪い気がするので、

最終的にはスピードセンサーを切り、GPSで走ることでサイコンは作動し始める。

 

この非常に無駄な作業をしている間、レースはスタートし、

最後尾でのインターバルに耐える。

 

が、時すでに遅し。心拍数は186brm。ほぼ最大心拍。

経験上ここまで上がったらすぐには回復しない。

 

先頭集団ではアタックが掛かっている。

ついているけるはずもなく。あえなく千切れる。

 

千切れた後はしばらく脚の合う人とローテを回す。

苦しさから、コースの難しさから、補給もできない。

 

しばらく走ると先頭集団から降りて来た人達とも合流し、

5人~6人ほどのパックになる。

 

が、数名はきれに回すような感じではなく、負荷を上げて交代する感じ。

3周ほどそんな状態で走るが、補給ができていない身体が

動かなくなってくる。

 

しばらくするとローテにも入れないほどになる。

足切りは10分遅れから。微妙な時間。

そして動かない身体。

 

最後の登りで降りることを告げる。

 

4周回後11分遅れで、そのままパックごと降ろされてしまう。

自分がもうちょっとうまく立ち回れて、

前で引ける力が残っていれば・・。

引いてもらってた人達には申し訳なさすぎる。

最終的に、用意したボトル2本の、1本半もドリンクが残っていた。

 

終わってみれば後悔しかない。

ただ、悔やんでいても強くはなれないのも事実。

 

後悔は勉強だと思って、次に進むしかない。

次はしゅうなんクリテリウム。恐らくJBCF最後のレース。

後悔のないように先手で立ち回りたいな。

 

今日の後悔ポイント

①サイコントラブル

対策①スピードセンサーは使わない

対策②トラブル時は気にせず走る

 

①補給不足

対策①コースの把握。可能であれば別日程で試走する

対策②疲れて判断が鈍った時ほど補給を意識する

 

 

(Visited 66 times, 1 visits today)