wilier zeroSLR venge tarmac supersix clx tubolito gp5000 サイクルラボヤマダ Tag

blogぷーさんBlogロード機材インプレ

サイクルラボ・ヤマダさんで開催されたwilierの試乗会にてフラッグシップモデルzeroSLRにH2Rメンバーのショートくんと試乗させていただきました₍₍(∩´ ᵕ `∩)⁾⁾!

山口市でwilier試乗会があるのは初めてではないでしょうか?以前から気になってたSLRに乗れるということで昼から仕事でしたが行っちゃいましたw!

試乗にあたってはホイールの評価になりがちですので普段使っている自分のホイールを装着させていただきました。

ホイール:CLX50DISK

タイヤ:continental GP5000

チューブ:tubolito60

今回の評価はここ最近試乗させてもらった

venge・tarmac・supersixの3台と比較させて頂こうと思います。

(※supersix  は今の仕様の比較となります)

 

【漕ぎ出し】

zeroSLR>supersix>tarmac≧venge

ちょっと驚きの軽さ(軽快さ)です。

パリっとしたかなり乾いた感じ、

ただフレームが軽いというだけではなく素材そのものの良さを感じます。

 

【剛性】

venge≧supersix>zeroSLR>tarmac

vengeのBB周りが硬さやsupersixの塊感の様な剛性は感じませんが軽快さの中にある筋の通った剛性が気持ちいいと感じるバイクです。

 

【平地巡行】

venge>supersix>tarmac≧zeroSLR

vengeもsupersixのある一定以上の速さになると軽くなる(楽になる)ポイントがあるのですがzeroSLRは漕ぎ続けなくてはいけない感じです。かなり登りに振られたオールラウンドバイクなのだろうなと思われます。だからと言って空力の悪さを感じない訳ではないです。平地に関しては若干supersixに軍配が上がるレベル。

ここは平坦屋ショートくんも同じ評価でした(ショートくんは時間の関係で平坦のみの試乗)。

 

【登坂】

zeroSLR>supersix>tarmac>venge

これは圧倒的でした。

もうDISKの重量的不利点を感じない軽さです。以前リム仕様のwilier zero9に乗っていましたがそれと比較してもかなり軽快なクライムが可能です。よく試乗レポで見られるギア1枚違う感覚でした。

 

【コンフォート】

tarmac>supersix=zeroSLR>venge

今までであれば乾いた乗り味の自転車は乗り心地悪いという事が多かったと思うのですがパリッとしていて軽いのに乗り心地は良いという不思議な感覚。tarmacの驚きの乗り心地と比べると劣ってしまいますがsupersixと比べるとほぼ同レベルでした。最近の自転車はこのレベルは当たり前になってきてますね〜。…